FX入門

【FX入門】利益の種類と躓きやすいポイント

【FX入門】利益の種類と躓きやすいポイント

FXで利益を得る仕組みには、2種類あることをご存知でしょうか?

FXを始めるにあたり、どのような仕組みで利益を発生させているか知らないと、スタートラインに立つことすらできません。

本記事で詳しく解説していきますので、きっちりと押さえておきましょう。

また、FXの勉強を始めたばかりの人が、躓きやすいポイントについても解説していきます。

FXの利益には2種類ある

FXの利益には2種類ある
 
FXの利益には、2種類存在します。

  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン

この2つです。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインは、一般的に知られているFXの利益を出す方法です。

例えば、1ドルを100円で購入したとします。

1ドルが110円になったタイミングで、その1ドルを売ると、10円の利益が発生しますよね?

このような方法で利益を得る方法をキャピタルゲインと呼び、FXにおける基本的な利益を得る方法です。

1ドル100円が1ドル110円になる、つまり円の価値が高くなることを円高と言います。
逆に、円の価値が上がることでドルの価値が下がっています。
このことをドル安と言います。
つまり、この例は円高ドル安の例ということですね。

インカムゲイン

インカムゲインは、金利で利益を出す方法です。

低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買ったときに発生する金利差が利益となります。

これをスワップ金利(スワップポイント)と言います。

よく意味がわからない

 
こう思うFX入門者の方がほとんどだと思います。

私も最初はこんな感じでした(笑

説明を見ただけじゃわかりづらいため、FXの勉強を始めたばかりの人が躓きやすいポイントの1つです。

スワップ金利が貰える仕組み

例えば、

A国は金利が1%
B国は金利が5%

金利の状態がこうだったとしましょう。

この状態で、A国の通貨でB国の通貨を買ったとします。

A国よりもB国の方が金利が高いので、その差分4%分の金利を貰うことができます。

逆に、B国の通貨でA国の通貨を買った場合は、差分の金利を払う必要があります。

スワップ金利はいつ貰えるの?

金利の差分で利益が出ることはわかったけど、どのタイミングで貰えるの?

スワップ金利は、土日を除いて基本的に毎日発生します。

銀行のように、次の金利が貰えるのは1年後なんてことはないので嬉しいですね。

ただし、スワップ金利も日々変動しているので、毎日チェックは欠かさないようにしましょう。

FXにおける利益の種類と躓きやすいポイントまとめ

FXにおける利益の種類と躓きやすいポイントまとめ
 
FXにおける利益の種類と、入門者の方が躓きやすいスワップ金利について解説してきました。

FXにおいて、利益の種類には、

  • キャピタルゲイン
  • インカムゲイン

の2種類存在し、一般的に知られている「通貨を売買した際の差益で稼ぐ方法」であるキャピタルゲインとは別に、金利差で利益を出すインカムゲインがあります。

インカムゲインは変動があるものの毎日入ってくる利益なので、うまく運用するとそれだけである程度の収益を出すことができます。

今回解説した内容は、FX入門の中でも基礎中の基礎の部分なので、今後徐々に深い内容まで踏み込んでいきます^^